練馬区のマウスピース矯正歯科ガイド » マウスピース矯正をはじめる前に知っておきたい基本情報 » マウスピース矯正の失敗例

マウスピース矯正の失敗例

取り外しも可能なため、手軽に矯正ができるというイメージがあるマウスピース矯正。けれど、誤った認識のもと、治療を進めてしまうと歯や噛み合わせに異常をきたすことも報告されています。このページでは、マウスピース矯正の失敗例と失敗しないためのポイントについて紹介します。

マウスピース矯正で
噛み合わせがガタガタに

ある「マウスピース矯正」を行っていた患者さんの失敗例です。治療中に担当歯科医に不具合を訴えていましたが、明確な説明も今後の具体的な方針もなかったため、結局矯正後も奥歯が当たらず物が噛めない、顎をどこにやったらいいかわからないといった症状で他の歯科医師にかかることになりました。

そこの歯科医が患者のマウスピースを調べたところ、噛む面に調整した跡が一切なく、単に歯並びを変えた歯列模型に押し当てて吸引しただけだったのです。そのマウスピース矯正を患者は約2年間続けていたのでした。結果、上下の歯は噛み合わず、目で見てもわかるほどの隙間ができてしまいました。

失敗しないためのポイント

こういった失敗例は上記の患者だけに特別起こったことではありません。きちんとした治 療を行わないと、誰でも起こり得ることなのです。

では、失敗しないためのポイントとはどういったことでしょうか?

実績や知識が豊富な先生・矯正歯科に治療をお願いする

マウスピース矯正にのみ対応しているクリニック、また歯列矯正を専門に学んだ経験のない一般歯科でのマウスピース矯正は、治療中、何かトラブルが起こった時、治療が思うようにいかなかった時にリカバリーすることが難しくなってきます。

矯正治療は一旦始めると、途中で「あれ?」と不審に思っても転院することが難しいものです。それなら最初から矯正専門医を選んでおくほうが良いでしょう。症例経験が多く、ワイヤー矯正にも対応している所をおススメします。

矯正治療は歯並びを治すだけではなく、噛み合わせという機能もきちんと考慮してもらわなければなりません。歯が噛み合わなくなると健康に支障が生じてしまいます。そのため咬合に関する専門知識と経験のある医師に担当してもらう必要があります。

一般的に「日本矯正歯科学会の認定医」を指標に選ぶと良いでしょう。しかし認定医でもレベルの差は当然あるでしょうから、それに加えて「歯列矯正を専門に学んでいるか」「十分な臨床経験があるか」も確認しておくと良いでしょう。

マウスピースの装着を怠らない

マウスピースは着けていないと動かないので、毎食前には外し、毎食後には装着しなくてはいけません。手間と感じるかもしれませんが、装着していれば必ず動きます。1日20時間以上の装着を守ること、そして定期的に通院し、マウスピースの着け替えを怠らないことがいちばん大事です。

ワイヤーの場合は、歯科医が管理し、着け替えてくれますが、マウスピースは患者自身でしっかりと管理しなくてはいけません。

インビザライン
が出来る練馬区の矯正歯科

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科

90万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医在籍
江古田駅より徒歩1分

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の歯科と矯正歯科

102.6万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医
石神井公園駅から徒歩2分

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら