練馬区のマウスピース矯正歯科ガイド » マウスピース矯正で治療できる症例一覧 » 受け口・しゃくれ

受け口・しゃくれ

受け口・しゃくれの特徴

受け口・しゃくれは歯の噛み合わせが通常は上が外側、下が内側になるものが反対になってしまうという状態を指します。歯科では、下顎前突症とよばれる症状です。

下顎が過度に成長している、また上顎の成長が不十分という「骨格性」のものと、上の歯が後方に傾斜している、また下の前歯が前方に突出しているという「歯性」のものがあります。

下顎が自由に動かせない、前歯で物が噛めないなど、かみ合わせに問題が出ます。 また発音が不明瞭で言いたいことが伝わらない、下顎が目立って見た目の面で恥ずかしいなど、悩んでいる人が多いようです。さらには放置しておくと、顎関節症になるリスクもあります。

受け口・しゃくれの原因

先天的要因

受け口・しゃくれで骨格性のものは、遺伝的な可能性が高いです。 下顎の場合、顎の部分やえらの部分で遺伝の影響を受けやすいとされています。大きな受け口・しゃくれの割合は日本人で3~4%と言われており、近親者ほど遺伝が影響する確率が高いです。

後天的要因

顎を前に出す癖、口呼吸、長期のおしゃぶりなどが原因になって、受け口になってしまうことがあります。特に3歳を過ぎても指しゃぶりを続けていた場合は、受け口・しゃくれになりやすいと言われています。

また成長期に顎を強打した、顎の中に病気があるなど、顎の成長を阻害する何らかの理由によってバランスが崩れ、顔がズレたまま成長してしまう、という要因もあります。

マウスピース矯正による受け口・しゃくれの治療

受け口・しゃくれ(下顎前突)とは言ってみれば出っ歯(上顎前突)の反対の症状ですので、治療方法も出っ歯の治療方法と似てきます。下のあごに十分なスペースがある場合にはマウスピースを装着することによって、前に出ている歯を移動させ、受け口を改善することができます。

下顎前突の治療では、矯正期間の中で下の歯を上の歯が乗り越えるという時期があります。その際上下の歯が当たり、かみ合わせが困難になってしまうケースがあります。しかし、インビザラインによる治療ではマウスピースが歯をカバーしているので、上下の歯が直接接触することを避けられます。

インビザライン
が出来る練馬区の矯正歯科

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科

90万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医在籍
江古田駅より徒歩1分

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の歯科と矯正歯科

102.6万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医
石神井公園駅から徒歩2分

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら