練馬区のマウスピース矯正歯科ガイド » マウスピース矯正で治療できる症例一覧 » 噛み合わせ

噛み合わせ

噛み合わせの特徴

歯の噛合わせは、すべての歯がきれいなU字型に並び、上下の前歯の中心と顔の中心が合っているといった状態が理想です。そうでない場合、噛み合わせが悪いまま放置しておくと、あごが歪んだりズレたり、また身体のさまざまな不調を引き起こすことがあります。

ですが歯並びが良いからといって噛み合わせも良いとは限りません。顎関節の位置が悪かったり、痛みや違和感があったり、口が開きにくかったりなどの症状がある場合は噛み合わせが悪いということになります。

噛み合わせに問題があると、食べ物を効率よく噛めないだけでなく、正しく発音ができない、奥歯で頬や舌を咬んでしまい口内炎になりやすくなる、また身体の筋肉が緊張した状態が続き、骨格を歪めたりするため肩こりや腰痛などの症状を引き起こすことにもなりかねません。

噛み合わせの原因

先天的要因

骨格的な問題で、遺伝によって上あごより下あごの方が前に出ている人は、噛み合わせが逆になってしまいます。噛み合わせは当然悪くなります。生まれつき左右の歯の数があっていなかったり、あごの関節が弱かったりする人も噛み合わせが悪くなります。

後天的要因

指を吸う、何かを噛む癖がある幼い子どもは、歯が生える向きが変わって噛み合わせが悪くなる可能性があります。

また虫歯になると歯の形や歯並びが悪くなることが考えられます。虫歯菌によって歯が溶ける、また治療する際歯を抜いたり削ったりすると左右の歯のバランスがおかしくなり、歯並びが変わり、結果的に噛み合わせが悪くなったりします。歯周病によって歯の根元が弱くなっていくと歯並びも変わります。すると結果的に噛み合わせが悪くなることがあります。

生活習慣や癖によっても噛み合わせが悪くなる場合もあります。舌の位置が低く、下の前歯を押す人、指しゃぶりをする人、爪や物を咬んだり吸ったりする人、唇を咬む人、気づいたら頬杖をついている人、食いしばっている人。こういった癖は気を付なければいけません。寝る時もうつ伏せ寝、横向き寝をする、歯ぎしりをする人も同様に気をつけた方が良いでしょう。

マウスピース矯正による噛み合わせの治療

マウスピース矯正による噛み合わせの治療は基本的に抜糸などをしない、軽度の場合に限られます。 マウスピースをはめ込みにくいような歯並びの場合には、ワイヤーを使い、ある程度マウスピースがはまりやすい状態になるまで歯を動かす必要があります。

根本的な治療を始めてから歯列の移動に合わせ、その都度現状の歯並びに合わせたマウスピースを装着することになります。そのため矯正期間が長くなると、マウスピースを作り替える回数が増えることになり、その分矯正費用もかさみます。

インビザライン
が出来る練馬区の矯正歯科

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科

90万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医在籍
江古田駅より徒歩1分

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の歯科と矯正歯科

102.6万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医
石神井公園駅から徒歩2分

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら