練馬区のマウスピース矯正歯科ガイド » マウスピース矯正で治療できる症例一覧

マウスピース矯正で
治療できる症例一覧

ここではマウスピース矯正で治せる歯や口元の症状を8項目に分けて紹介していきます。詳しい原因やマウスピース矯正方法についても紹介していきます。

出っ歯

出っ歯は上あごの前歯の先端部分、または上あごの前歯全体が前方に出ている症状のこと。先天性要因のものと後天性要因のものがあります。 マウスピース矯正によってできる出っ歯の治療は、歯と歯が重なり前歯が全体的に前に出ている場合と骨格ごと前に出ている場合になります。

八重歯

上顎犬歯の低位唇側転移という症状のこと。先天性要因のものと後天性要因のものがあります。隅々までブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病、歯肉炎といったさまざまなトラブルを招く可能性があり、人によっては唇の内側の肉や歯茎、舌、唇を傷つけて炎症を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

受け口・しゃくれ

歯の噛み合わせが通常は上が外側、下が内側になるものが反対になってしまった状態のこと。通称「下顎前突症」。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。かみ合わせに問題が出てしまい、また発音が不明瞭、下顎が目立つので見た目が恥ずかしいなど、悩んでいる人が多いようです。放置しておくと顎関節症になるリスクもあるため、矯正治療が必要になってきます。

ガミースマイル

笑った時、話す時に歯茎が露出して見える症状のこと。これは歯よりも歯茎の部分が長いために起こります。健康上には大きな問題はありませんが、コンプレックスに感じてしまう人も多いよう。歯茎や唇が渇いてしまうという悩みがある方も。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。ガミースマイルにはさまざまな原因があるため、それに適合する治療はそれぞれ異なります。

噛み合わせ

歯並びが良いからといって噛み合わせも良いとは限りません。顎関節の位置が悪い、痛みや違和感、口が開きにくいなどの症状がある場合は噛み合わせが悪いということになります。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。 軽度の場合、マウスピース矯正が可能です。

すきっ歯

歯を並べるための歯槽骨が大きいことから歯と歯の間に隙間が生じた歯列不正ことです。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。すきっ歯の隙間を埋めるくらいの軽度な症例だけであれば、2、3ヶ月で矯正治療が完了する場合もあるようです。

乱杭歯

歯並びが乱れていることで歯がずれている、重なり合っている、曲がっている、といった状態のこと。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。見た目のコンプレックスや、歯磨きがうまくできず虫歯や歯周病にもなりやすい、唇を噛みやすくなる、噛む力が劣るなどさまざまなトラブルを引き起こしやすくなるため、矯正が必要です。

開咬

奥歯では問題なく噛んでいるものの、前歯は開いているといった噛み合わせのことです。原因は先天性要因のものと後天性要因のものがあります。外側に倒れている歯を戻す治療は難しく、今までマウスピースによる治療は不可能とされていましたが、インビザラインによって治療が十分可能になっています。

インビザライン
が出来る練馬区の矯正歯科

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科

90万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医在籍
江古田駅より徒歩1分

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

エンジェルスマイル歯科の
公式サイトはこちら

よしかわ矯正歯科

84万円

※矯正治療費のみの場合

成人矯正歯科学会 認定医在籍
大泉学園駅より徒歩1分

よしかわ矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の歯科と矯正歯科

102.6万円

※矯正治療費のみの場合

日本矯正歯科学会 認定医
石神井公園駅から徒歩2分

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら

石神井公園の
歯科と矯正歯科の
公式サイトはこちら